二世帯住宅の玄関を分けることのデメリット

ひとつ屋根の下での暮らし

親世帯、子世帯がひとつ屋根の下で暮らすこと、それはかけがえのないことです。大切な人がすぐそばにいることは年老いた家族にとって、とても安心です。お互いのことを見守りながら困ったときには助け合える環境は家族ならではの姿です。
しかしながら、ある程度のプライバシーを保つことも大切だとも思います。年齢、今まで過ごした環境、生活、価値観が違う世代が一緒に住むのですから、小さな相違が気になることもあるかもしれません。ちょっとしたことから関係が気まずくなってはいけません。そこで生活に密着したキッチンやお風呂、トイレなどの水回りを別にした二世帯住宅を建てることが望ましいでしょう。お互いの生活はそれぞれのペースで営みながら、良好な関係を築くことができるでしょう。

玄関はぜひひとつに。

水回りは別にしても、玄関はひとつにすることをおすすめします。玄関をそれぞれ別にしたら玄関スペースもふたつ必要であり、その分、部屋のスペースが狭くなってしまいます。
また二世帯ながらも玄関ドアが別であると個々の独立した家となり、機会を作らない限り世帯間の交流が少なくなってしまいます。
玄関を共有することで広い玄関を設けることができます。老後、車いすが必要になったときなどに広い方が使いやすく安心です。また子世帯が共働きで子どもが生まれ、子どもが学校から帰宅した際などに「ただいま」「おかえりなさい」と迎えてくれる人がいることは安心ですね。親世帯にとってもかわいい孫の顔を見ることができ自然とよい関係が築けることでしょう。
また、誰かしら家にいることが多いため、宅配便の受け取りや防犯面においてもメリットは大きいです。

二世帯での家造りを考える上で、とても大切なのが親世帯との関係性です。もちろん計画できる家のボリュームにも左右されますが、どこまで共有するのかが大きなポイントです。その中でも重要なのが玄関と水回りです。ここではそれぞれの特徴をお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

二世帯住宅の玄関

二世帯住宅の水回り