二世帯住宅の水回りを分けることのメリット

水回りを分けてストレス軽減を

二世帯住宅で水回りを分けることで、様々なストレスを軽減できる可能性が高まります。水回りは、使い方や考え方が、個人によって大きく異なりやすい部分です。例えばキッチンの場合、ふきんをどこに置くか、食器をどのように洗って乾かすか、といった小さな事柄でも、真っ向から意見が対立することもあるでしょう。
こういった問題は、日々のストレスとなって積み重なり、一定時間が過ぎてから爆発してしまう可能性があります。特にキッチンについては、料理をする人が自分の使いやすいようにカスタマイズする傾向があるため、反目し合う原因となりかねません。世代の違う親子の全員が満足いく形にするのは、至難の業と言えるでしょう。そういったストレスを軽減するため、水回りを分けておくことは大きなメリットです。

水回りには生活習慣の違いが出やすい

また、水回りには生活時間の違いが原因でのトラブルも発生しがちです。例えば、「寝ている時間にキッチンをごそごそされると気になる」や「洗濯機を回したい時間なのに、風呂を使われて困る」といった問題は、小さくも大きなストレスを生みやすいでしょう。
この手のすれ違いは、時間の経過や家族が増えることで変化していきます。同居を始める最初の時点で、しっかりと取り決めをしていたとしても、子どもが生まれたり、仕事が変わったりすることで、なかなかルールを守れなくなってくるものです。親は早寝早起き生活をしている一方、子や孫は深夜まで仕事や勉強をしているため、どうしてもすり合わせることができないケースは珍しくありません。水回りを分けておけば、世帯ごとのルールで良いので、すり合わせがしやすくなるという大きなメリットがあるのです。

二世帯での家造りを考える上で、とても大切なのが親世帯との関係性です。もちろん計画できる家のボリュームにも左右されますが、どこまで共有するのかが大きなポイントです。その中でも重要なのが玄関と水回りです。ここではそれぞれの特徴をお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

二世帯住宅の玄関

二世帯住宅の水回り